「アップルファーム篠栗」は、エフコープ100%出資の子会社「株式会社アップルファーム」が設立した就労継続支援A型事業所です。2014年10月に、地域におけるしょうがい者雇用の促進をめざして糟屋郡篠栗町に開設しました。

アップルファームでは、しいたけの菌床栽培・加工・販売のほか、エフコープ関連会社の受託業務として共同購入で使用する発泡スチロールの容器に保冷剤を入れる作業や、雑貨販売などを行っています。これらの作業を通して、就労に向けた知識や能力の向上をめざし、しょうがい者の方が一般就労へステップアップできるように支援しています。

アップルファーム篠栗

住所:〒811-2495

福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4826-1

エフコープ篠栗センター内 【地図】

※地図は【Googleマップ】にリンクしています。

TEL:092-947-9120

FAX:092-948-0361

利用者:16人(2018年9月現在)

常勤スタッフ:4人

就労継続支援A型事業所とは

原則18歳以上65歳未満で、身体障害、知的障害、精神障害、発達障害や難病など一般企業などで働くことが困難なしょうがい者と雇用関係を結び、その就労に向けた知識や能力の向上をはかり、就労の機会を提供する施設のことです。

下記のいずれかの条件を満たす方が対象です。
※自治体によっては詳細条件が異なる場合があります。

  • 就労経験があるが、現在は働いていない方
  • 就労移行支援サービスや特別支援学校での就職活動を経たが、雇用に結びつかなかった方

アップルファームがめざすこと

利用者の方に求めること

①就労意欲があること

②健康状態が安定していること

  • 生活リズム、健康管理ができている

③衛生管理ができていること

  • 食品に触れるため、身だしなみや清潔感が大切です

④時間管理ができていること

  • 通勤・勤務時間がわかっている
  • 交通機関を一人で利用でき、事務所まで来ることができる

⑤金銭管理、私物の管理ができること

⑥一定時間、一定量の作業ができること

⑦コミュニケーションがとれること

  • 大きな声で元気良くあいさつができる
  • 自ら相談し援助を受けることができる

どうして「しいたけ栽培」なの?

しいたけは、年間を通じて室内で安定的に栽培・出荷することができるためです。また、しいたけは生育が早いことから、利用者のみなさんが育てる喜びを実感できることも理由の一つです。

温度・湿度の調整や芽かき(間引き)などをすることで、肉厚などんこタイプのしいたけが収穫できるようになりました!

ページトップへ